新型コロナウイルス「動物間」での感染拡大はなぜ怖いのか

新型コロナウイルスは種の壁を乗り越え感染する

 不気味なのはこの新型コロナウイルスは変異株が登場するたびに乗り越える種が増えているように見えることだ。

 米疾病対策センター(CDC)が初めてペットの猫の新型コロナ感染症を確認した、と報じられたのは昨年4月22日。

 米国でペットの犬の感染が報じられたのはその1週間後の4月29日だ。

 飼育されているトラやライオンの感染も報じられたが、あくまでも人から動物への感染はあっても動物から人への感染の例はなかった。ところが昨年5月20日にはオランダの農場で従業員がミンクから新型コロナウイルスに感染したとみられる事案が報じられた。

 また、新型コロナウイルスの動物感染は飼育動物に限られていたが、昨年12月には野生のミンクへの感染が確認された。

 そして、今度はデルタ株によるビーバーへの初感染である。

2 / 4 ページ

関連記事