ニューヨークからお届けします。

コロナワクチン開発製造で米国に「新ワクチン・ビリオネア」誕生

米バイオテクノロジー会社モデルナ本部(C)ロイター

 米フォーブス誌が選ぶ最もリッチなアメリカ人400人が発表され、新型コロナワクチンの開発製造会社・モデルナの会長ら3人が新たにリスト入りしたことがわかり話題になっています。

 フォーブス誌の400人に新たに入ったのは、モデルナ社の共同創立者でもあるヌバー・アフェヤン会長(5500億円・212位)、同じく共同創立者でマサチューセッツ工科大学のロバート・ランガー教授(5470億円・222位)、創設期の投資家でハーバード大学医学部のティモシー・スプリンガー教授(6600億円・176位)の3人です。

 モデルナ社はファイザー社、ジョンソン&ジョンソン社とともにアメリカで認可されている3つのコロナワクチンの1つを製造していますが、開発研究のためにアメリカ政府から1100億円の資金の提供を受け、製造販売している製品はコロナワクチンのみとなっています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事