新型コロナワクチンの疑問に答える

オミクロン株に罹患したらどのような症状が出るのか

外国人の新規入国原則停止で人影もまばら(成田空港)/(C)日刊ゲンダイ

 オミクロン株の感染者4例目はナイジェリアに滞在歴のある50代男性だった。厚労省は、オミクロン株のゲノム解析に時間を要するため、14日以内に海外での滞在や渡航歴がある陽性者に、医療機関への入院を促すよう都道府県などに通知している。

【Q】オミクロン株の病態が明るみに出つつある。日本では4人、世界50カ国以上で感染者が報告された。オミクロン株に罹患したらどのような症状が出るのか?

【A】「無症状の人もかなり多いとみられていますが、強い頭痛、喉の痛み、体の痛み、気分が悪くなることが主な症状です。一方、現時点では、味覚・嗅覚異常はほとんどなく、酸素吸入療法を必要とするケースは見当たりません。まだこの変異型で死亡したという報告はない。オミクロン株は感染力が極めて高いのが特徴で、海外ではこれまでより3倍ほど感染力は強いとのデータが出ています。南アフリカなどでは2、3週間で75%の感染者がデルタ株からオミクロン株に変化していた。ここ数日で、英国では336人、デンマークでは183人の感染がありました」

1 / 4 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事