科学で証明!本当に信用できるストレス解消法

悲しいときに無理して笑うと、さらにブルーになるだけ

泣きたいときには泣けばいい(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 笑顔には、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを軽減させる効果があります。そのため、このコラムでは以前に、「口角を上げ、笑っているような表情をつくるだけ(フェイクスマイル)でもストレスが軽減される」とお伝えしました。

 自己啓発本やストレス解消本などを見ていると「笑顔は素晴らしい」と喧伝されがちですが、気を付けてほしい点があります。

 それは、悲しいときに無理して笑うのは逆効果ということ。何かしらの感情を抱いていないときはフェイクスマイルは有効なのですが、落ち込んでいるときや悲しいときは無理して笑う必要などないのです。

 香港科技大学のムコパディヤイらの研究(2014年)では、「自分の気持ちに反して笑顔をつくると、気分がより落ち込む」と判明しています。彼らは、「人はどれくらいの頻度で笑い、笑顔の動機となる感情は何か」を調べるために3ステップの実験を行いました。

1 / 3 ページ

堀田秀吾

堀田秀吾

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

関連記事