独白 愉快な“病人”たち

オシメをして舞台に…俳優・江藤博利さんが膀胱がんとの闘病を振り返る

江藤博利さん(C)日刊ゲンダイ
江藤博利さん(63歳/俳優・歌手)=膀胱がん

 2012年10月、当時「やっちゃいました劇団」という劇団の座長を務めていて、本番を3日後に控えて稽古をしていた夜のことでした。8時ごろにトイレで用を足そうとしたら、オシッコではなく真っ赤な血が出てきたんです。それまで不調や違和感は一切なかったのでびっくりしました。

 真っ先に思ったのは3日後の舞台のこと。「どうしよう」と半分パニックになりました。でも、その場では誰にも何も言わずに平静を装い、稽古が終わったその足ですぐに病院に行きました。

 緊急で診ていただいたのがたまたま泌尿器科の先生だったので、すぐにいろいろ検査をしてくれました。結果は翌日にならないとわからないとしながらも、「尿管結石でもない。エイズでもない。今のところ考えられるのは膀胱がんです」と言われました。

 翌朝、稽古前に結果を聞きに行くと、やはり「膀胱がんで手術が必要」とのことでした。

1 / 5 ページ

関連記事