東洋医学を正しく知って不調改善

西洋医学と何が違う? 調和が取れている状態=中庸を目指す

写真はイメージ

 東洋医学は、中国で自然哲学をもとに発展しました。欧米で自然科学をもとに発展した西洋医学とは、根本的な考え方に大きな違いがあります。

 西洋医学における健康とはなにかといえば、それは体や心が一定の状態、つまり「恒常的」に保たれていることだとされています。

 そのことはみなさんも、健康診断などで病院に行かれて経験されているかと思いますが、検査した数値に異常が出た場合、いかにその数値を基準値に戻すかといったことが治療の目的となるのが、西洋医学だと言えるでしょう。

 風邪をひいた場合も熱が出たら解熱剤、咳が出れば鎮咳剤、痰が出たら去痰剤……と症状ごとに薬を出す、あるいは、解熱、鎮咳、去痰などがセットになった総合感冒薬を処方することが一般的です。

 一方、冒頭でもお話ししたように、自然哲学をもとに発展した東洋医学では、数値といった絶対的基準を持ちません。その代わりに施術者の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を重視し、長い歴史に裏打ちされ蓄積された膨大な臨床観察から得た結果に照らし合わせ、総合的に判断。そして、その人にとってちょうどよい状態、調和が取れている状態(中庸)を目指して調整・治療を進めていきます。

1 / 2 ページ

天野陽介

天野陽介

日本医学柔整鍼灸専門学校鍼灸学科専任教員。北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部客員研究員も務める。日本伝統鍼灸学会、東亜医学協会、全日本鍼灸学会、日本医史学会、日本東洋医学会所属。

関連記事