東洋医学を正しく知って不調改善

1500年続く日本の東洋医学は世界でどう評価されているのか?

天野陽介氏(C)日刊ゲンダイ

 近年、東洋医学の有効性に関する研究がますます進み、国際的な評価が高まっています。約120年の歴史がある国際疾病分類(ICD)は2018年、約30年ぶりに改訂されましたが、その第11回改訂版(ICD-11)は東洋医学の項目がはじめて入りました。

 古代中国に発した伝統医学は、主に「中医学」の中国、「韓医学」の韓国、そして「漢方(鍼灸も含む伝統医学)」の日本の3カ国においてそれぞれ独自の発展を遂げてきました。

 中でも日本の「漢方」は約1500年にわたって途絶えることなく、現代もなお人々に受け入れられ続けています。その大きな特徴は、伝統に固執せず、時代に応じて日本人に適したものとして柔軟に変化発展してきたことと言えるでしょう。

 たとえば日本で発明された鍼灸の道具、鍼管。この鍼管に、はりをセットすることで痛みが出にくくなります。鍼灸のルーツは中国にありますが、中国式では鍼管を使いません。

1 / 2 ページ

天野陽介

天野陽介

日本医学柔整鍼灸専門学校鍼灸学科専任教員。北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部客員研究員も務める。日本伝統鍼灸学会、東亜医学協会、全日本鍼灸学会、日本医史学会、日本東洋医学会所属。

関連記事