新型コロナ第6波をどう過ごすか

コロナワクチン接種後死亡疑い報告 3回目2件を含め1444件

3回目の新型コロナワクチン接種を受ける男性
3回目の新型コロナワクチン接種を受ける男性(C)共同通信社

 厚労省は21日、新型コロナワクチン接種と副反応との関連性を議論する専門部会を開催した。

 2021年2月17日の予防接種開始から2022年1月2日までに新型コロナワクチン接種後の死亡疑いとして1438件(ファイザー社製1372件=うち3回目1件、モデルナ社製65件、アストラゼネカ社製1件)が報告された。また、2022年1月3日から1月14日までに医療機関または製造販売業者から死亡疑いとして報告された件数は6件(ファイザー社製5件、モデルナ社製1件=うち3回目1件、アストラゼネカ社製0件)だった。

 この結果、2021年2月17日から2022年1月14日までに計1444件の死亡疑いが報告されたこととなる。

 2021年12月24日開催の同専門部会には同年2月17日から12月17日までに計1431件のワクチン接種後死亡疑いが報告された。約1カ月で13件増えた。

 ちなみに、ファイザー社製の2021年2月17日から2022年1月2日までの接種回数別死亡疑い報告頻度は1回目が100万回当たり8.7件、2回目が同6.7件、3回目は同1.9件、接種回数不明を含めた全体では同8.2回だった。

 モデルナ社製は接種開始日の2021年5月22日から2022年1月2日までの接種回数別の死亡疑い報告頻度は1回目が同1.6件、2回目が同2.1件、3回目は接種なしで同0件。接種回数不明を含めた全体では同2.0件だった。

 アストラゼネカ社製は接種開始日の2021年8月3日から2022年1月2日までの接種回数別死亡疑い報告頻度は1回目が死亡疑い報告0件で、2回目は同17.4件、接種回数不明を含めた全体は同8.7件だった。

 専門部会では2022年1月2日までに報告された1438件の死亡とワクチン接種との関連についてα(ワクチンと死亡との因果関係が否定できないもの)、β(ワクチンと死亡との因果関係が認められないもの)、γ(情報不足等によりワクチンと死亡の因果関係が評価できないもの)と評価している。その結果は以下の通り。

▼ファイザー社製(α=0件、β=9件、γ=1363件)
▼モデルナ社製(α=0件、β=1件、γ=64件)
▼アストラゼネカ社製(α=0件、β=0件、γ=1件)

 なお、3回目にファイザー社製を2021年12月16日に接種後に亡くなったのは57歳の女性。家族から亡くなった旨の連絡を受けただけで詳細は不明。予診票での留意点はなかった。警察案件だったため、医療機関も遺族から詳細は聞けなかったという。

 70歳男性は、3回目にモデルナ社製を2021年12月20日に接種し、8日後に亡くなった。予診票での留意点はなく、既往歴、内服薬なし。朝起きてこないことから、自室を家族が訪ねると、鍵がかかっており反応がないため救急要請。ベッドで心肺停止状態で発見された。死亡時画像診断では死因につながる異常は見られなかった。

 ちなみに、医療機関からの副反応疑い報告においては1月2日時点でファイザー社製の3回目接種回数は53万1296回。うち147件(男性24件、女性123件)の副反応疑いが報告され、9件(男性1人、女性8人)は重篤報告だった。5歳刻みの年齢区分での副反応疑いの報告件数で2桁以上だったのは25~59歳。重篤報告数は35~39歳(1人)、45~49歳(3人)、50~54歳(2人)、55~59歳(3人)だった。

 この日の会合で専門部会は「現時点においては、3回目接種後の事例も含め、引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」とした。

関連記事