独白 愉快な“病人”たち

肝硬変で余命宣告も…林葉直子さん「良くない恋愛で酒量が増えて…」

林葉直子さん(C)日刊ゲンダイ
林葉直子さん(元女流棋士・作家/54歳)=アルコール性肝硬変

 今は故郷の福岡で母と一緒に暮らしています。アルコール性肝炎で入院した42歳のとき、福岡から上京した母が「1人で住んでたら危ないから帰るよ」と、私が住んでいた都内の賃貸マンションを解約し、荷物を福岡に送ってしまって(笑)、退院後は帰郷せざるをえなくなってしまったんです。

 アルコール性肝炎とわかったのは、腹水がたまったからでした。突然、妊婦さんみたいにお腹がパンパンに膨れあがったんです。

 驚いて大学病院で診てもらったら、即入院。飲み薬と点滴治療を受けて、10日ほどでお腹はへこみました。

 それは良かったのですが、その病院の個室代がなんと1泊3万5000円! 10日間で35万円もかかっちゃったんです。38歳で自己破産していたので、自分の体のことより、お財布の方が痛かった(笑)。

 退院するとき、お医者さんに「お酒を飲まないように。どうしても飲みたくなったら、ここに電話してください」と、アルコール依存症の人のための相談先を渡されました。でも、自分では依存症という認識はなかったんです。私の周りにはお酒好きの人が多く、「飲む量をちょっと減らせば大丈夫だよ」と言われ、自分でも軽く考えて「1杯ぐらいどうってことないよね」と、1年ぐらいでまた飲み始めちゃったんです。

1 / 6 ページ

関連記事