Dr.中川 がんサバイバーの知恵

小倉智昭さんは「運が良かった」と告白 がんの転移があっても原発を治療できるケース

小倉智昭さん(C)日刊ゲンダイ

 読者の皆さんは、どう思われたでしょうか。膀胱がんを公表している、キャスター・小倉智昭さん(74)のことです。昨年夏に肺への転移が見つかり、抗がん剤などの治療で活動を休止していましたが、このほどラジオ番組に出演。膀胱全摘後に肺転移が見つかったことを「運がよかった」と語り、話題を集めています。

 報道によると、その後の“小倉節”はこんな具合だったようです。

「普通は膀胱の全摘手術の前に肺に転移していたら、全摘手術はできないんですって」

 ところが、続きがあります。

「(全摘手術前から画像検査で写っていた肺の結節は)ずっとそこにあった小さなものだったから、がんじゃないだろうということで、一応要観察みたいな感じ」

 それが手術から3年を経て大きくなり、病理検査を受けたところ、膀胱がんと同じ組織が見つかり、転移との診断で、抗がん剤治療を受けたという流れです。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事