科学が証明!ストレス解消法

男性の脳は女心が読み取れないように設計されている?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 男性と女性では考え方が違う──なんてことが言われがちです。ジェンダーレスといった言葉もあるほどですから、今後は男女の差異を論じることもセンシティブな話題になるでしょう。

 一方で、科学的に「男性の脳は女心が読めないように設計されている」というデュイスブルク・エッセン大学のシファーの研究(2013年)などもあります。

 男性は、相手の目から感情を読み取るとき、記憶、共感、情動といった認知機能に関与する海馬や前帯状皮質などの活動が生じづらく、同性の目よりも異性の目の解読に2倍の労力がかかるといわれています。

 シファーらの実験では、まず被験者に目だけの写真を見せたそうです。目だけですから被験者は、男女どちらの目なのかはわかりません。その上で、「目の写真から喜怒哀楽どんな感情の目をしているのか?」「男性と女性、どちらの目か?」と質問をしました。すると、男性の被験者は女性の被験者の2倍、異性の感情を読み取れないケースが目立ったといいます。

1 / 3 ページ

堀田秀吾

堀田秀吾

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

関連記事