認知症を予防する補聴器のすべて

避けられぬ「値上げ」で補聴器の価格アップへ 早めの検討が吉

購入を検討しているなら早めに相談を

 今年に入ってから、毎日のように値上げのニュースが報道されています。食品、飲料、調味料、日用品、外食など、“値上げラッシュ”が暮らしを直撃しています。

 世界的な原材料価格の上昇、ロシアによるウクライナ侵攻、そして急速な円安とさまざまな要因が絡み合う物価上昇とされていますが、しばらくは値上げの波は止まらないのではないかと思われます。

 そしてこの値上げは補聴器業界も例外ではありません。最近もメーカー2社から値上げの発表があったばかりでした。

 ちなみにそれらメーカーの値上げ理由をこちらに寄せられた内容でご紹介すると、A社は重大な部品不足、材料価格の高騰、運賃の大幅な上昇などの投資コストの急激な上昇と、それに加えサプライチェーンの混乱をあげ、B社は昨今の高いインフレ率、部品不足、輸送費の高騰などによる、世界的なコスト上昇をあげています。

1 / 2 ページ

田中智子

田中智子

シーメンスの補聴器部門でマーケティングの勤務を経て、2020年補聴器販売会社「うぐいすヘルスケア株式会社」設立。認定補聴器技能者資格保持。

関連記事