がんとの共生に「抗がん剤」は必ずしも必要ない 在宅医療の名医が語る「薬」と「延命」

写真はイメージ(C)PIXTA
写真はイメージ(C)PIXTA

 日本人の2人に1人が一生に一度がんになり、最近では年間100万人以上が新たにがんを発症するといわれている。そのため巷にはがんに関するさまざまな情報があふれているが、過去の誤ったがん常識ががんでも長生きするチャンスを奪う場合も少なくない。「しろひげ在宅診療所」の山中光茂院長に話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

「診療所の約半数の患者さんは、『がん末期』の状態です。それでもがんと共生して長生きしたいと抗がん剤治療を続ける方も少なくありません」

 伊東信子さん(64歳、仮名)がしろひげ在宅診療所に転院してきたときには、子宮体がんが全身に転移し腹膜播種と呼ばれるお腹の中にもがん細胞が散らばっている状態。余命数カ月と宣告されていた。しかし、伊東さんは「初孫が半年後に生まれる予定。そのためにも頑張って抗がん剤を続けたい」と熱望していたという。

「伊東さんは約1年にわたって抗がん剤と局所への放射線療法を続けていましたが、病状は悪化しており食事も取れない状態でした。聞くと半年で20キロくらいやせたとのことでした」

 激ヤセのイメージがあるがんだが、その原因は2つある。1つは「がん悪液質」のためだ。

「悪液質とは栄養不良により体が衰弱した状態を指す言葉です。心不全、慢性肺疾患などでもみられ、がん患者の60~80%、がん死の20~25%を占めるといわれています」

 もう1つの原因が「抗がん剤」だという。「がんを小さくして長生きしたいから」というがん患者は多いが、ときにそれは命を縮めることにもなるという。

「抗がん剤を使えばがんは小さくはなりますが、それが長生きにつながるとは限りません。がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いは、『増殖速度』です。初期のがんなら、抗がん剤で腫瘍を縮小させ、手術でがんを完全に消失させられるかもしれません。伊東さんのように全身転移している患者さんでも抗がん剤でがんを縮小したり、がんの進行度合いを示すがんマーカーの値も下げられます。しかし、それは一時的で、全身に転移するぐらいのスピードで増殖中のがんを抑える抗がん剤はそれだけ正常組織への悪影響も強いのです」

 伊東さんのように副作用があまりにも強く、食事を取るのがままならない状態での抗がん剤の継続が延命につながるとは限らないのだと言う。

「現場でがん末期の患者を見てきた立場から言えば、患者の背景や苦しみを見ずに画像や血液データだけを見る『治療優先』のドクターの強引な抗がん剤の継続により、『殺されてしまった』患者も少なくありません。また、悪意はないのですが患者の『治療継続』という強い希望に逆らいきれず、抗がん剤がプラスにならないと分かりながらもやめる選択肢を患者に説明しきれないドクターもたくさんいます」

■薬をやめて2週間後には体重5キロ増

 その後、山中医師は伊東さんに改めて「がんの終末期」であることを伝え、食事も満足に取れず、体重減少が著しい中での抗がん剤の継続は、苦しさが続くだけでなく、残された命がさらに短くなってしまう、と説明した。

「伊東さんは『でも病院の先生は抗がん剤続けてもいいって言ってるから』とおっしゃるので、本人を前にして、抗がん剤を続ける担当医師に電話をしました。担当医は、『本当は抗がん剤をやめたかったんですが、伊東さんの思いに逆らえなくて……』とお話しになりました。伊東さんは涙を流しながらその場で抗がん剤をやめる決断をしたのです」

 その後、山中医師は抗がん剤に代えて全身の炎症反応を減らし、食欲回復効果を期待してステロイド剤導入を決めた。

「結果、2週間後には食欲回復により伊東さんの体重は5キロ増え、笑顔が多くなりました。しかも伊東さんから、2カ月後の画像検査でがんが少し縮小しているとがん治療専門の先生が驚かれたとの報告を受けました」

 結局、余命数カ月と言われた伊東さんは、1年後も元気で孫の顔も見ることができた。

「皆さんに知ってもらいたいのは、『抗がん剤』だけががん治療ではないし、延命につながる唯一の道ではないということです。副作用がつらくても、それをお医者さんに言うと積極的治療を受けられなくなるかもしれない。そう思って、副作用のつらさすら言えない患者さんもたくさん見てきました。『頑張る』治療が良いとは限りません。がんが良くなっても、体が死んでしまっては元も子もないのです」

「積極的ながん治療だけが延命」というのは間違いだ。穏やかで苦しまない、そして今を大事にする治療を選択することが、結果として「延命」につながることもある。

 それは、自宅で幸せながん末期のみとりを多く見てきた在宅診療所の医師だから言えることだと山中医師は感じている。

関連記事