Dr.中川 がんサバイバーの知恵

大腸がんで亡くなった島田陽子さんは積極的な治療を拒否 せめて原発部位の切除だけでも…

島田陽子さん(C)日刊ゲンダイ

 女優の島田陽子さんの訃報を聞いて、皆さんはどう思われたでしょうか。まだ69歳の若さで、大腸がんによる多臓器不全だったといいます。報道によると、3年前に大腸がんを発症。入退院を繰り返していたものの、がんの進行が遅かったそうで、手術や抗がん剤をしない治療を選択したというのです。

 今月21日には、関係者とLINEで食事についてやりとりしていたそうですが、その日に患部から大量出血。23日に意識が混濁し、25日に容体が急変。帰らぬ人となったといいます。

 壮絶な最期だったことがうかがえるでしょう。長年、がんの専門医をしている私としては、島田さんの選択はお勧めできません。

 手術と抗がん剤、放射線などの治療は、積極的な治療といいます。がんの種類によって、ステージごとにどの治療を行うかが細かく決まっていることは、皆さんも何となくご存じでしょう。これらを行わず、症状の緩和のみの治療を行うのが、ベストサポーティブケア(BSC)です。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事