科学が証明!ストレス解消法

運動しなくてもイメトレで筋肉は鍛えられる 大事なのは意識

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ジムで体を動かすことは、さまざまなポジティブな効果をもたらします。

 豪マッコーリー大学のオーテンとチェンは、運動不足の男女24人に2カ月、特に何もせずに生活を送ってもらい、そのあと、2カ月間ジムに通ってもらうという実験(2006年)を行っています。すると、運動後は驚くほどセルフコントロールの改善が見られたといいます。その効果とは次の通りです。

①ストレスが減る

②たばこやアルコールやカフェインの摂取量が減る

③感情のコントロールができるようになる

④家事に従事することが増える

⑤健康的な食生活になる⑥無駄遣いが減る

⑦義務や約束を守るようになる

⑧学習習慣に改善が見られる

 運動は脳の回転が速くなり、生活全般に活力をもたらすことがわかっていますが、まさかこれほどまでに多面的な効果があるとは、驚きでしょう。

1 / 3 ページ

堀田秀吾

堀田秀吾

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

関連記事