科学が証明!ストレス解消法

「時間がない」という断り文句は「お金がない」の2倍ネガティブな印象

写真はイメージ

 コロナ禍で、外に飲みに行く機会が減った人は多いのではないでしょうか。輪をかけて、若い世代が、上司との飲みの席、俗にいう「飲みニケーション」に関して、否定的な見解を示すといった風潮もあります。

 日本酒製造会社の「沢の鶴」は、若者世代の価値観とコミュニケーションに関する調査を実施しています。「上司や先輩との飲み会が好きか?」という問いに対して、「非常にそう思う」(6.0%)、「どちらかといえばそう思う」(15.4%)と、好意的な意見は21.4%にとどまっています。本音を言えば、「行きたくない」と考える若い世代が大多数であることがうかがい知れます。

「飲みニケーション」に限らず、生活の至るところに、誘いを断りたいシーンは存在します。「今度、ライブをするから見に来てよ」「うちでパーティーをするから来てください」。そういった誘いはうれしい半面、お金も時間も割くことになりますから、どうしてもシビアにならざるを得ません。

1 / 3 ページ

堀田秀吾

堀田秀吾

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

関連記事