時間栄養学と旬の食材

【トレビス】脂肪を燃焼し、肝機能を高めるビタミンB2が豊富

紫キャベツやチコリに比べて10倍以上のビタミンB2が含まれるトレビス

 トレビス(赤チコリ)はキク科の多年草野菜です。日本に入ってきたのは1980年代になってからで、比較的新しい野菜です。

 見た目は紫キャベツにそっくりですが、紫キャベツは葉も葉脈も紫色でキャベツのような厚みと堅さがあるのに対し、トレビスは葉が赤紫色で葉脈は白、葉は薄くて柔らかいという違いがあります。

 原産地はイタリアや北アメリカとされ、今まで輸入が多かったのですが、最近は北海道や青森県、長野県や岡山県、鹿児島県でも栽培出荷されています。

 赤紫色なのは、日光を遮断することで本来日光が当たると緑色になる成分の葉緑素が抑えられているから。

 トレビスとチコリの違いは、食べる部分の違いです。チコリは芽の部分を食べるのに対し、トレビスは葉を主にサラダとして食べられています。主力産地であるイタリアではラディッキオロッソと呼んで、高級食材としているそうです。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事