独白 愉快な“病人”たち

大腸がんを克服したフリーアナの原元美紀さん「病院に行かないなら離婚する」と夫に言われ…

原元美紀さん(C)日刊ゲンダイ
原元美紀さん(フリーアナウンサー/53歳)=大腸がん

 2007年5月に4泊5日の入院で、大腸内視鏡による1.8センチの腫瘍摘出手術を受けました。後日、病理検査の結果を夫と聞きに行くと、「腫瘍は悪性でした」と告げられました。

 それがあまりに爽やかな口調だったため、「ああ、そうですか」と当たり前のように答えて、その後に続く注意事項を延々と聞いていました。夫が「悪性ということは『がん』ということですか?」と先生にたずねても、「何言ってるの。腫瘍が悪性だっただけよ」と夫をたしなめてしまったくらい自分とがんを切り離して考えていました。先生に「そうです、原元さんは『早期の大腸がん』でした」と言われて初めて認識したのです。

 ただ、腫瘍はすべて取れたので薬はなし、抗がん剤も放射線もない予後のいいがんでした。実感がなかったのは痛みがまったくなかったからです。先生からも「痛みもなく、発覚前に血便がこんなに出るのは珍しい」と言われました。

1 / 6 ページ

関連記事