介護の不安は解消できる

認知機能の低下を防ぐ「知的活動」の具体的な方法は?

徹夜をしない・たばこを吸わない「健康麻雀」は認知機能の維持向上にオススメ

 そこで私が推奨しているのが徹夜をしない・たばこを吸わない「健康麻雀」です。ゲーム中はどうやったら勝てるか、先を読んだり相手の裏をかくなど常に頭をフル回転させているので脳を使い続けます。ただし、脳の海馬はストレスの影響を受けやすいのでゲームに負けて過度にショックを受けやすい人は、過度にのめり込まないよう、自分が楽しめる範囲で行ってください。

 ほかに、「日記」を書くのもお勧めです。デジタル化に伴い文字を書く機会が減りつつあります。日記をつける際、その日の出来事を思い出し、振り返りながら文字を書くことで、記憶の定着につながります。当院を受診されている認知症の患者さんたちに話を伺うと、若い頃は日記をつけていたが、定年後は毎日同じ生活が続いて、これといった出来事がなくなり、日記をつけなくなったといいます。脳は、筋肉と同様に使わなければ衰えていきます。とりわけ定年退職を迎えた高齢者は平日も週末もない「毎日が日曜日」の状態になりがちです。

2 / 3 ページ

関連記事