上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

救急搬送された患者への処置は大きく3つのパターンがある

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 心タンポナーデや心不全を起こしていない大動脈解離の場合は、造影剤を使ったCT検査を行い、解離を起こしている場所はどこか、冠動脈の状態は問題ないかなどを確認し、手術の安全性を確保したうえで手術を行います。このケースは搬送されてから1~2時間くらいは猶予があります。

 心臓マッサージやAEDで自己脈が戻らず、血圧が出ていない、心臓が動かない患者さんに対しては、まず脳を保護するために経皮的な心肺補助装置=エクモなどを取り付け、血液循環と酸素化を同時に確立します。そうした処置を行ってから検査をして診断を確定し、治療に向かうのが心肺停止の際の大まかな流れです。

②ショック状態=血圧が80㎜Hg未満の場合には、血圧を上昇させる処置を実施します。血圧を最も確実に上げる方法というのは、輸液ルートを確保して点滴や輸血を行うことです。昇圧剤を使えば血圧は上がりますが、その患者さんがもしも大動脈解離を起こしていれば、昇圧剤を使って血圧を急激に上げると解離から破裂になってしまう危険があります。そのため、まずは輸液を選択するのです。

3 / 6 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事