健康長寿に役立つ高齢薬膳

【白きくらげ】「水」を補って乾燥を防ぎドライマウスを改善

白きくらげの潤いデザート(C)日刊ゲンダイ

 改善のためには水を補う食材を取り入れることが大切です。おすすめは白きくらげ。あまりなじみがないかもしれませんが、中国では「銀耳」と呼ばれ、不老長寿の食材とされています。水を補い、乾燥を改善する優れた働きがあり、口の中をはじめ全身を潤わせます。咳や喉の痛みなど呼吸器系トラブルの改善にも役立ちます。

 また、白きくらげは美肌に絶大なパワーを誇る食材でもあります。70歳を過ぎても10代のような肌を保ったという西太后や、かの楊貴妃が欠かさずに食べていたといわれています。肌にたっぷりと潤いを与えて乾燥を防ぎ、シワの改善に威力を発揮するのです。さらに、ホルモンバランスの調整にもよく、更年期の女性にもおすすめです。

 白きくらげの調理は、黒きくらげ同様、乾燥品を水で戻して加熱すればOK。クセがないので、サラダ、スープ、炒め物などに幅広く使えます。デザートに使うのもおすすめです。ハチミツなどで甘みをつけ、フルーツ、ヨーグルトなどと一緒にどうぞ。また、じっくり1時間程度とろとろになるまで煮込むと、もっちり、とろりとした食感になり、より美味しくなるので、ぜひお試しください。

3 / 5 ページ

池田陽子

池田陽子

薬膳アテンダント・食文化ジャーナリスト・全日本さば連合会広報担当サバジェンヌ。国立北京中医薬大学日本校(現・日本中医学院)で国際中医薬膳師資格を取得。近著「1日1つで今より良くなる ゆる薬膳。365日」が好評発売中。

関連記事