高齢者の正しいクスリとの付き合い方

“紅麹問題”の報道を見てイチ薬剤師が思うこと…異変があればすぐに相談

写真はイメージ(C)iStock

 現時点でまだ原因は究明されていませんが、サプリメントの製造過程で青カビが混入し、そこから毒性のある成分が含まれてしまった、という説が有力なようです。原材料である紅麹そのものに問題があったわけではなく、製造過程の衛生管理に問題があったということです。これは、健康食品やサプリメントだけの問題ではなく、あらゆる食品や飲料にも起こりうることです。

 では、なぜ今回の件がこれほど注目されているかというと、やはり「自分の健康のために摂取」していたもののせいで「自分の健康が害されていた」という事実のインパクトの大きさによるのではないでしょうか。また、健康食品やサプリメントが食品に該当し、医療機関を受診しなくても手軽に購入できること、そしてそれによる無意識的な安心感を多くの方が持っていたことも背景にあると考えています。

 健康食品やサプリメントは、ある成分が強化されているものがほとんどで、区分的には食品ですが、性質的には医薬品に通じる部分もあります。これも以前お伝えしましたが、クスリの副作用とうまく付き合っていくコツ、それは「少しでも異変を感じたら、すぐに相談する」ことです。今回のような健康被害を少なくするためには、この考え方を健康食品やサプリメントにも当てはめることがとても重要です。

 もうひとつ、クスリと違って健康食品やサプリメントは自身の判断でいつでも中止して問題ありません。少しでも体調の悪化を自覚した際は、まずは健康食品やサプリメントを中止したうえで、医療機関に相談するようにしましょう。

2 / 2 ページ

東敬一朗

東敬一朗

1976年、愛知県生まれの三重県育ち。摂南大学卒。金沢大学大学院修了。薬学博士。日本リハビリテーション栄養学会理事。日本臨床栄養代謝学会代議員。栄養サポートチーム専門療法士、老年薬学指導薬剤師など、栄養や高齢者の薬物療法に関する専門資格を取得。

関連記事