膝痛とオサラバ!治療最前線(2)痛みがほぼない超早期から「異変」が生じている

写真はイメージ

 では、なぜ半月板が傷むのか? 石島主任教授は順天堂大学スポートロジーセンターとの共同研究で、その原因を探った。

「変形性膝関節症の診断には、通常レントゲン(X線)を用います。しかしレントゲンには軟骨は写らない。そこでMRIで、痛みがほぼない超早期を含めた変形性膝関節症の患者さんの膝の状態を調べたのです」

 それができたのは、順天堂大学が、文京区に住む1629人の高齢者を対象にした大規模コホート研究を実施しているから。病院に来る患者だけでは進行期の変形性膝関節症しか調べられない。

「検査の結果、半月板のすぐ下に骨棘(こつきょく)が認められました。骨棘はレントゲン画像で認められる変化で、変形性膝関節症の進行によって骨が変形して形成されると考えられてきました。しかしMRIによって、レントゲンでは見えない小さなレベルの骨棘が、歩行で痛みを感じていない人にも確認できたのです。骨棘が大きくなる過程で半月板が引っ張られて傷み、軟骨への損傷へとつながります」

2 / 3 ページ

関連記事