油を取ってスルスルやせる「MCTオイルダイエット」…実践した医師は2カ月で6キロ減

写真はイメージ

「これまでダイエットはいずれも挫折。ところがMCTオイルで、体重が2カ月で6キロ減。内臓脂肪も減り、お腹がへこみました」

 こう話すのは、山本メディカルセンター(神奈川)の齋藤真理子医師。MCTオイルって、「オイル」なのにダイエットにいいの? 話を聞いた。

 MCTオイルは、ココナツの実などを原料とする植物油。油は油でも、短時間でエネルギーとなり脂肪として蓄積されにくい中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)100%でできている。

「MCTオイルを小さじ半分程度、味噌汁やスープ、サラダやおかずにかけるだけ。無味無臭なので料理の味を邪魔せず、ぎとぎと油っぽくもなりません」(齋藤医師=以下同)

 なぜMCTオイルがいいのか? 前述の「脂肪として蓄積されにくい」性質に加え、脂肪燃焼を促進する作用が期待できるからだ。

1 / 4 ページ

関連記事