小中学生の子供から「医療脱毛したい」と言われたら…親はどうするべき?

親子でのカウンセリングが必要(C)日刊ゲンダイ

 子供から「脱毛したい」と言われたことがある小学生の母親は6割、中学生の母親は7割以上──。医療脱毛専門院「リゼクリニック」が今年1月に行った調査結果だ。

 高校生や大学生ならまだしも、小中学生の子供に「脱毛したい」、それも「医療脱毛したい」と言われたら戸惑う親もいるだろう。

 実際、中学生の子供にそう言われた東京都在住の40代女性は、「自分も大学に入学した時点で医療脱毛をスタートしたので、子供の気持ちはよく分かるし、お金は出してあげたい。ただ、中学生で医療脱毛に通うのは早過ぎないかと悩みます」と話す。

 思春期の子供たちの間では、ムダ毛がいじめのきっかけになることもある。頭ごなしにダメと言うことは避けたい。ベターな判断をするために、親として何を押さえておくべきか?

「最も重要なのは、お子さん本人に脱毛をしたいという強い意志があるかどうか」と、「リゼクリニック」理事長の赤塚正洋医師は強調する。

1 / 4 ページ

関連記事