老親・家族 在宅での看取り方

訪問診療をキャンセルされることもたびたび…誰とも話したがらない63歳男性

それぞれの想いを尊重したい

「痛い、何やってんだよ」(患者)

「調子はいかがですか?」(私)

「悪いに決まってんだろ」(患者)

「血圧測ってもいいですか?」(私)

「嫌だって言ってるでしょ!」(患者)

 お別れが近づいている時、身近な人に弱っている姿を見せたくない、心配をかけたくないと、診療を拒否し、家族を近づけない患者さんがいます。その患者さんは、糖尿病の3大合併症とも言われる糖尿病腎症、そして急性化膿性骨髄炎を患う63歳の男性。急性化膿性骨髄炎は、骨髄の中に黄色ブドウ球菌などが入り込むことで炎症が起こる病気です。足が壊死し切断すべきとなったが拒否され、足のケアができる当院へ相談が寄せられたのでした。

 入院していた病院から引き継いだ情報によると壊死している足を切断した方が生存率は上がると説明済み。しかし本人が頑として首を縦に振らないとのこと。急変時の心肺蘇生も希望していないと書かれていました。

1 / 3 ページ

下山祐人

下山祐人

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

関連記事