独白 愉快な“病人”たち

元エアロビック日本代表の大村詠一さん語る1型糖尿病との闘い

大村詠一さん(C)日刊ゲンダイ
大村詠一さん(元エアロビック競技日本代表/38歳)=1型糖尿病

「なんで大村君だけ保健室でアメをなめたり、ジュースを飲んだりしているの?」と、小学校のクラスメートは思っていたことでしょう。説明したくても、自分でもよくわからなかったし、説明してもわかってもらえない……と思って、病気のことは隠していました。

 私が1型糖尿病を発症したのは小学2年生のときでした。風邪のような症状が続いて小児科を受診しました。母親が気になる症状として、毎晩トイレに起きること、水をガブ飲みすること、気持ちが悪くてケーキを食べられなかったことなどを挙げると、医師はピンときたようでした。尿検査と血液検査の結果は「小児糖尿病」。当時は糖尿病は大人がなるものと思われていたのでそう呼ばれていましたが、今で言う「1型糖尿病」のことです。

 病院のロビーで母親が涙をこらえながら私に病名を教えてくれました。家族にも友達にもいない知らない病気でした。私は家に帰ることなく、そのまま父親の車で大きな病院へ連れて行かれ、入院になりました。

1 / 6 ページ

関連記事