大場俊彦

大場俊彦

慶應義塾大学大学院博士課程外科系終了。医学博士甲種日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。日本レーザー医学会認定専門医。日本気管食道科学会認定専門医。米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会フェロー。国際レーザー専門医。厚生労働省補聴器適合判定医・音声言語機能等判定医。日本耳鼻咽喉科学会騒音性難聴判定医・補聴器相談医。

耳鼻科の病気

  • 今がグッドタイミングの花粉症の初期療法

     花粉症治療には、「初期療法」「導入療法」「維持療法」の3つの方法があります。  初期療法は強い症状が出る前から治療をスタートするもので、導入療法は症状が強くなってから...
  • 花粉飛散は2月上旬から

     気象庁からスギ花粉の飛散予報(第2報)が発表されました。エルニーニョによる暖冬の影響で、スギ花粉の飛散時期は西日本と東日本では例年より早く、北日本では例年並みとのこと。...
  • 鼻の高周波ラジオ波治療

     鼻の高周波ラジオ波治療は日本でも昔から行われてきました。針が太く、初期はコテでジーッと焼く感じで効果がありました。しかし、十分な麻酔が必要で、痛みに弱くなってきた現在の...
  • 「炭酸ガス」「半導体」レーザーの使い分け

     前回に続いて、花粉症の日帰り手術である鼻の「下甲介粘膜に対するレーザー治療(焼灼術)」の話です。  今回は焼灼を表現する例えに「ステーキ」を使います。  ステーキの...
  • 花粉症の日帰り手術

     2月の終わりから3月は全国各地でスギの花粉が飛散し、花粉症の症状に悩まされる方が増えてきます。症状自体は薬で緩和されることが多いのですが、以前と違って眠気に襲われにくく...
  • 米国で触れた最新医療機器

     今回は趣を変えて、私が参加した全米耳鼻咽喉科・頭頚部外科学会総会兼耳鼻科エキスポについてお話ししましょう。  エキスポというだけあり、世界から医療機器メーカーが集まり...
  • 花粉症治療は11月末がリミット

    「来年のことを言えば鬼が笑う」ということわざがあります。“将来のことなど予想できるわけないのだから、あれこれ言ってみても始まらない”という意味ですが、こと花粉症対策について...
  • 鼻は生理現象で詰まることがある

     右が詰まっていると思ったら、いつの間にかそれが解消され、左が詰まっている。こんな鼻づまりに悩まされている方はいらっしゃいませんか。  実はこれ、病気ではなく、「ネーザ...
  • 鼻血の原因は一つ、二つじゃない

    “鼻血で病院に来る人がいるんですか?”――。患者さんと雑談していてビックリされることがありますが、本当です。  鼻血というと、一般的に鼻をほじったり、鼻毛を抜いたり、鼻をぶ...

1 / 4 ページ

バックナンバー