石原藤樹

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

医者も知らない医学の新常識

  • バイアグラで糖尿病が予防できるのか

     バイアグラ(シルデナフィル)は、勃起不全の治療薬として承認されている薬です。この薬は一種の血流改善剤で、ペニスの海綿体の血流を増加させることにより、勃起不全を改善します...
  • 風邪に抗生物質を出す医者がヤブとは限らない

     風邪の治療に抗生物質は必要でしょうか? この問いに最近のテレビや医療本などでは、「風邪に抗生物質を処方するのはヤブ医者だ」というような発言が見受けられます。  風邪は...
  • エナジードリンクは健康な人の飲み物

     皆さんは「エナジードリンク」を飲んだことがありますか? これは強壮剤のように使用されている、日本の栄養ドリンクと似た成分のアメリカ発の飲み物です。最近、日本でも盛んに宣...
  • グルコサミンとコンドロイチンは効くのか

    「グルコサミン」と「コンドロイチン」は、いずれも関節軟骨の成分で、年齢とともに減少して、変形性膝関節症の原因のひとつとなります。そのため、不足したグルコサミンとコンドロイ...
  • 赤く腫れない筋肉注射が避けられている

     インフルエンザワクチンなどの予防注射をすると、打った箇所が赤く腫れ、痛みを伴うことがあります。これは一種の皮膚のアレルギー反応で、ワクチンには比較的多い副反応です。...
  • 抗酸化サプリでがんが進行!?

     人間の呼吸や代謝などの結果として生じる「活性酸素」は、遺伝子に傷をつけ、がんの原因のひとつとなっている――。これは、最近までやみくもに信じられてきた考え方です。  そこ...
  • 乳酸菌をたくさん取っても健康的とはいえない

     人間の大腸の中にはたくさんの細菌(ばいきん)がすんでいます。これを腸内細菌といいます。  赤ちゃんの時期にはビフィズス菌という乳酸菌の一種が主な腸内細菌です。しかし、...
  • 「不妊治療」は「乳がん」を増やす?

     少子化の一方で、不妊に悩むカップルが増えています。  日本産科婦人科学会の調査によれば、薬を使用して卵巣を刺激する、体外受精で生まれたお子さんは、2012年に3万80...

12 / 12 ページ

バックナンバー