石原藤樹

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

医者も知らない医学の新常識

  • 肺炎になったら心臓に注意

     肺炎は日本人の死因の第3位になるほど怖い病気です。脳卒中の後で飲み込みの力が弱くなると、食べ物を誤嚥して、それによる肺炎を繰り返す。脳卒中自体では命が助かったのに、肺炎...
  • 尿酸が低いと腎臓が悪くなる

    「尿酸」が血液にたまると、突然足の親指が赤く腫れて痛くなり、歩けなくなるような発作を起こすことがあります。これが痛風発作です。皆さんの中にも、お酒を飲まれたり、焼き肉を食...
  • ビタミンDがこじれた風邪を予防する

    「風邪は万病のもと」などと言われるのは、こじらせると気管支炎や肺炎の原因となり、高齢者や肺の持病を持つ人などでは、命の危険に結びつくこともあるからです。ただ、今のところそ...
  • 虫歯菌が脳出血の原因なのか

     虫歯は「ミュータンス菌」という細菌による感染症で、通常は口の中だけの問題だと考えられています。ところが、「虫歯が多いと脳卒中の危険性が高まる」という複数の報告があります...
  • 「恋愛するとボケない」は本当か?

    「高齢者でも恋をしているとボケない」というような話はよく聞きます。本当にボケ予防になるかどうかはともかくとして、“老いらくの恋”というのは、その人を元気にすることは確かなよ...

6 / 12 ページ

バックナンバー