永田宏

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

世界が注視する最新医療

  • 「糞便移植」 米国では健康な便が40ドルで売れる

     ヒトから採った乳酸菌入りの整腸薬が人気です。しかし、その乳酸菌をどうやって採ってきたのか、心配する人もいるかもしれません。そんな人にとっては身の毛もよだつ話です。何しろ...
  • ゲノム編集でAIDS治療

     細胞の染色体に載っている遺伝子を働かなくする(破壊する)ことを、バイオの世界では「ノックアウト」と呼びます。1970年代から実用化されており、研究に多用されてきました。...

1 / 2 ページ

バックナンバー