菅原洋平

菅原洋平

寝苦しい真夏の夜をスッキリ乗り切る

  • 昼の“戦略仮眠”で自律神経をコントロールする

     気温が上がりすぎると、体には負担がかかります。特に影響を受けるのが内臓活動です。暑い夏には、食べ物の消化能力が低下するため、より食べ物を消化しやすいように内臓活動を高め...
  • 「足のむくみ」がいびきや無呼吸の原因になる

     暑い夏の季節には、体は負担を減らすためにリラックスする副交感神経の働きが高まります。これは“生存戦略”として重要な作用なのですが、行き過ぎてしまうと弊害が起こることもあり...
  • 睡眠中の汗の乾燥が「眠りの質」のカギを握る

     寝苦しい夏の夜でも睡眠の質を確保するには、「睡眠中の汗の乾燥」がカギになります。睡眠中には、コップ1杯程度の汗をかきます。体の内部の温度である深部体温を下げるためです。...

1 / 2 ページ

バックナンバー