神崎浩孝

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

クスリと正しく付き合う

  • 骨粗鬆症の治療薬は顎の骨が溶ける副作用にご用心

     薬の副作用には、軽いものから重篤なものまで、さまざまあります。重篤な副作用は軽いものに比べて起こりにくいといえますが、万が一、起こってしまった場合にはQOL(生活の質)...
  • 尿が真っ赤になる薬がある

     薬が体から排出される経路は大きく2つあります。①「腎臓から尿と一緒に出ていく」②「肝臓で代謝されて便と一緒に出ていく」の2経路です。ということは、腎臓や肝臓が障害を受けて...
  • 使うと酔っぱらってしまうかもしれない薬がある

     副作用のない薬はありません。また、一般的に副作用=有害事象と思われがちですが、副作用とは「目的としていない作用全般」を指します。ですから、有害事象もあればそうでないもの...

3 / 8 ページ

バックナンバー