神崎浩孝

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

クスリと正しく付き合う

  • 「薬とマグロ」が中毒を引き起こす危険あり

     これまで、主に飲料に焦点を当てて、薬との飲み合わせを取り上げてきました。では、「食べ物」はどうでしょう?  昔から、「ウナギと梅干し」や「天ぷらとスイカ」といったよう...
  • 「炭酸水」は薬の効果を下げてしまうのか

     薬を服用する際、ミネラルを含んだ硬水や牛乳では、相互作用を起こすケースがあることをこれまで紹介してきました。  では、「炭酸水」はどうでしょう? 海外では、炭酸水も「...

6 / 8 ページ

バックナンバー