佐々木常雄

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

がんと向き合い生きていく

  • 乳がんは手術から20年後に転移する場合もある

    「今、娘から電話があって、乳がんと診断されたというんです」  ある日の午後、同じ職場で働いていたWさんが、涙ながらに私の診察室に駆け込んできました。  23歳で独身の...
  • 「悪性リンパ腫」には様子をみていいタイプもある

     頚部のリンパ節が腫れる原因はさまざまです。子供では、病気でなくとも1センチ以下の小さなしこりにたくさん触れることも珍しくありません。また、歯肉や口腔内に感染があって炎症...
  • 卵巣がんの75%以上は進行した状態で発見される

     Kさん(50歳女性)は2カ月前から腹満感が強くなり、近くの病院を受診したところ、腹水がたくさんたまっていました。腹水を検査した結果、中にがん細胞があると告げられたそうで...
  • 科学的根拠のある代替療法はない

     十二指腸に悪性リンパ腫ができたFさん(43歳・男性)は1年にわたって化学療法を受け、腫瘤が完全に消失しました。化学療法終了後は無治療となり、3カ月おきに外来で検査を受け...
  • 精巣腫瘍 薬だけで最も早く治せるがんになった

    「精巣がん」ともいわれる「精巣腫瘍」は、精巣(睾丸)から発生したがんになります。肺にたくさんがんの転移を来したような場合でも、多くは抗がん剤「シスプラチン」と他剤との併用...

13 / 15 ページ

バックナンバー