佐々木常雄

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

がんと向き合い生きていく

  • 急性骨髄性白血病 65歳未満の若年者5割が治癒する

     高熱と歯肉からの出血を繰り返していた会社員のYさん(35歳・男性)を近医から紹介されました。採血の結果、白血球数の増加、高度の貧血、血小板減少があり、白血球は白血病細胞...
  • <2>検査を受けて晴れ晴れとした気持ちになれた

     恐縮ですが、私自身の体験をお話しします。数年前、仕事のスケジュールがびっしり詰まっていたことに加え、思わぬストレスが次々と重なり、時々上腹部がキリキリと痛んでいました。...

14 / 14 ページ

バックナンバー