ピリピリや灼熱感…「足の違和感」で眠れない人の“特効薬”

“足がジンジン、ピリピリする”“足の裏に灼熱感がある”“砂利の上を歩いているみたい”――血糖値が高い人が、こうした感覚に襲われたら、糖尿病性の神経障害を疑った方がいい。放っておくと末は足の切断を余儀なくされる恐ろしい病気だが、その前に足の違和感から不眠に陥るケースもあるという。

 昨年、こうした足の違和感を解消する薬が認可され、効果を上げているという。どんな薬か。糖尿病専門医で「しんクリニック」(東京・蒲田)の辛浩基院長に聞いた。

 工藤隆文さん(仮名、61歳)が「糖尿病の疑いあり」と診断されたのは15年前のこと。当時は自覚症状もなく、“大したことないだろう”と放っておいた。
 それから4年ほど経ったある日、食事のたびに眠気が襲い、全身に倦怠感が。病院に駆け込んだところ「糖尿病です。3大合併症(神経障害、網膜症、腎症)のひとつである神経障害が出ています」と宣告された。

1 / 4 ページ

関連記事