天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

体調の変化を医師に伝えれば合併症のリスクは減る

 心臓の手術が何の問題もなく成功しても、その後で予想外の事態が起こり、病状が悪化してしまうケースもあります。

 心臓は生命を維持するためになくてはならない臓器です。全身に血液を送り出し、体中の細胞に新鮮な酸素と栄養素を供給しています。ホルモン分泌や自律神経の働きにも関係しているので、手術で心臓の機能が回復したことによって、体にさまざまな影響を及ぼします。肌のツヤが良くなったり、白かった髪の毛が黒くなったり、高齢でも性欲が復活したりする患者さんもいました。そうした変化が、病状を悪化させる方向に作用してしまう場合もあるのです。

 たとえば、目や耳といった感覚器が良くなる場合もあれば、逆に悪くなる場合もあります。手術後、投薬などの影響でしばらくしてから難聴が起こったり、手術に人工心肺を使用したことで小さな梗塞が起こり、飛蚊症が残ってしまう人もいます。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。