愉快な“病人”たち

タレント 新田恵利さん(47) 脳動脈瘤

新田恵利さん(C)日刊ゲンダイ

 昨年4月に放送した健康番組に出演して、番組の最後に「脳動脈瘤」と発表されたんです。番組中、医師に「自分は大丈夫って思ってるでしょ?」って声をかけられてもピンとこなかった。

 いやー、最後にガツンと言われちゃいました。

 動脈硬化で注意されるような生活は心当たりがなかったんです。もともと和食が好きで、お仕事で外に出ない限り肉類はほとんど食べない。29歳で結婚、30歳で湘南に移り住んでからは、健康的な生活に変わり、夜11時を過ぎると眠くて寝てしまうような規則正しい生活で。市区町村の健康診断を受けると、高脂血症とか血圧の問題はナシ。逆に値が下回りすぎて先生に「もっといいもの食べなさい」って言われるくらいでしたから。

 この年になって、健康番組のお仕事をいただくようになり、以前、若さの目安のホルモンを計測する番組に呼んでいただいた時は、ホルモンが活性化しているという結果で、実年齢より5歳以上若かった。単に、よく寝ているからだけなんですけどね。ですから、今回の精密検査も何とも思っていなかったんです。「脳動脈瘤」という医師の言葉は青天のへきれきでした。

1 / 4 ページ