愉快な“病人”たち

歌手 伍代夏子さん(53) C型肝炎

伍代夏子さん(C)日刊ゲンダイ

 そういえば以前、先生からも「新薬が出たら、完治する確率が格段に上がる」と聞いていました。ウイルス量が安定しているとはいえ、ウイルスを持っているということは爆弾を抱えているようなもの。治るのなら、これほどうれしいことはない。

 すぐに主人(歌手、俳優の杉良太郎さん)に相談すると、「知り合いの医者がいるから、受けてみてはどうか」と。ぐちぐち悩むタイプではないので、じゃあ、新しい薬の治療を受けようと即決しました。そして、2009年8月、東大での新薬の治療が始まったのです。

 治療の目安は1年ほどとのことでしたが、実際はトータルで1年半かかりました。従来のインターフェロンに比べ、副作用は少ないというものの、やはり大変でした。

 高熱が出て、貧血がある。薬を投与して3日くらいは、富士山の8合目にいるのではないかというほど貧血がひどい。目の玉をキュッと動かすだけでクラッとし、何もする気が起こらない。日が経つにつれ少しずつ元気になるのですが、1週間すればまた投薬で、同じつらさの繰り返しです。

2 / 4 ページ