医療数字のカラクリ

医療数字の「平均」半分の人が治るのは・・・

 では、自分が全体のどのあたりに入るのか、推測しやすい指標はないのでしょうか? あります。それが「中央値」です。

 これはデータを小さいものから順番に並べた場合、真ん中にあたるデータの値です。中央値はデータのばらつきに関係ありませんから、「かぜの治癒期間の中央値が3日」というのであれば、50%の人が3日以内に治ると解釈していいわけです。

 これからデータを見るときには、平均値だけではなく、中央値にも注目して見てください。いままでとは違った面が見えてくるはずです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。