漢方達人をめざせ!

肝機能が悪いのは酒のせいじゃなかった

 Kさん(46)の口癖は、「面白いことなんて何もない」と「○○○はいいよなぁ」。とにかく文句が多くて、この間も「残業が多いのは上司や部下の仕事の進め方が悪いから。同期のAはいいよなぁ。自由に仕事を進められるから」なんて愚痴っていました。

「Kさん、肝機能の数値悪くない?」と聞くと、「酒もあんまり飲まないのに、肝機能の数値がいつも高めなんだよ。友達のBなんて、酒をかなり飲むのに数値はあんまり悪くないらしい。体質が恵まれているヤツはいいよなぁ」という返事。そして、不思議そうな顔で「どうして肝機能が悪いと思った?」と聞かれました。

 東洋医学では、肝臓と胆のうは表裏の関係にあります。肝臓が裏で、胆のうが表です。これらは「怒りの臓器」といわれ、しょっちゅうカリカリイライラしている人、悪口を頻繁に言ったりしている人は悪化しやすい。やたらと怒りっぽい人、人を許す気持ちに乏しい人、いますよね。こういう人は、お酒をあまり飲まなくても数値が悪くなりがちです。

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。