Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【北斗晶さんのケース(1)】マンモが見落とす進行速いタイプが2割

セルフチェックとパートナーの触診が大事(C)日刊ゲンダイ

「ごめんね。私の右胸に……。そんな気持ちでした。もっと早く気づいてあげられなくてごめんね」

 乳がんで右胸を全摘されたタレント・北斗晶さん(48)は、ブログで術後に初めて自分の胸を見た感想をこのように記しています。術後8日目のこと。「違う形の胸を見たらパニックになるだろう」と見るのをためらっていたそうですが、新しい自分を受け入れて再出発するため、夫の佐々木健介さん(49)と一緒に見られたそうです。

 とても前向きな行動ですが、「もっと早く気づいてあげられなくて」というところに悔しさが感じられます。それも当然でしょう。

 北斗さんは毎年秋、乳がん検診として、マンモグラフィーとエコー検査を受けていたようです。昨秋は、異常なし。ところが、今年になってから時々、異変を感じていたことがブログに書かれています。

〈うつ伏せで転がったとき、胸が圧迫されてチクッとした痛みを感じた〉

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。