役に立つオモシロ医学論文

福島の甲状腺がん増は原発事故の影響か

南相馬の秋(C)日刊ゲンダイ

「福島県の甲状腺がん発症率は日本の年間平均発症率よりも20~50倍高い」という衝撃的な論文が国際環境疫学会誌の2015年10月5日付に掲載されています。

 ご存じのように、4年前の東日本大震災による影響で、福島第1原子力発電所で放射性物質の放出を伴う事故が発生。福島県では、その後、18歳以下の住民を対象に甲状腺がんのスクリーニング(検診)が実施されています。

 論文はそのデータから得られた甲状腺がん発症率と、日本の年間平均発症率を比較したものです。この結果を見て、多くの方は原発事故による放射線で、子供の甲状腺がんが20~50倍も増えると衝撃を受けるかもしれません。

 しかし、「この論文だけで明確な結論を得ることは難しい」と専門家の多くは感じていると思います。

 なぜならば、スクリーニングをすればするほど、甲状腺がんが見つかるからです。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。