漢方達人をめざせ!

婚活男性が劇的変化 「女性にモテる」漢方薬がある?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 薄毛と汗っかきが悩みのTさん(38)。「この2つがある限りモテません」と悲愴な面持ちです。積極的に婚活を始めようと決意し、体質改善にも力を入れようと思い立ったといいます。

 お薦めした漢方薬は、汗をかきやすく、疲れやすく、肥満気味の人にいい防已黄耆湯と、低下した瞬発力や免疫力、自然治癒力などを高める作用の八味地黄丸です。

 さっそく飲み始めたTさん。半年ほど経って再び薬局を訪れてくれた時には、あまりの変身ぶりに、一瞬どなたか分からなかったほどでした。

 というのも、以前は長めの髪の毛で薄くなったところを隠そうとしていて、それがかえって薄毛を際立たせる原因になっていたのですが、スキンヘッドに近いところまで短く髪の毛を刈り込んでいて、精悍な雰囲気になっていたのです。顔の血色も良く、体を見ると筋肉もついたようです。

「漢方薬を飲み始めてから、だんだん疲れにくくなってきました。すると、もっと体を元気にしたくて、ジョギングをしたり、水泳をしたりするようになったのです。自分に自信が出てきて、髪形も思い切って変えてみたところ結構好評です」

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。