医療数字のカラクリ

がん患者の“生存率” 誰を対象に計算すればいいのか?

「生存率」を正しく調べるのは実は大変です。明らかなインチキでなくとも、いろいろな問題があって評価が難しいのです。

 ある抗がん剤治療を行った進行がんの患者の1年後の平均生存率を報告している研究を例に考えてみましょう。

 当初、100人の進行がんの患者さんが治療を受けることになりました。このうち50人が抗がん剤の治療を最後まで受けることができ、そのうち50%の25人が1年後に生存していたとしましょう。ただし、最後まで続けることができなかった残りの50人では20%の10人しか1年後に生き残っていなかったとしたらどうでしょう。

この際の生存率はどのように計算すればいいのでしょうか。抗がん剤の治療を終了した50人だけで計算するのがいいのでしょうか。治療を受ける予定であった全員で計算するべきだったのでしょうか。

 抗がん剤の治療を行った場合の生存率ですから、抗がん剤治療を最後まで受けた人で生存率を計算するのがいいように思うかもしれません。しかし、治療を開始する前に最後まで治療が続けられるかどうかわかりませんから、治療を最後まで終了できた人たちだけで計算するのでは、生存率を過大に評価する面があります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。