Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【西川きよしさんのケース】前立腺がん“治療しない”選択肢もある

西川きよし&ヘレン夫妻(C)日刊ゲンダイ

 タレントの西川きよしさん(69)が、前立腺がんの治療で休養すると報道されました。すでに入院し、手術を受けた後、経過を見て2月中旬に復帰するそうです。昨年末の定期健診で見つかったがんが早期だったことが短期間の休養で済む要因と思われます。

 前立腺がんの患者数は昨年の推計で約9万8400人。大腸、肺、胃の3大がんより4万人ほど少ないものの、この30年で20倍に増加。昨年の罹患数予測では男性のがんのトップになっています。西川さんのケースを参考に前立腺がんの対処法を頭に入れておくことです。

■70代で3割が発症

 前立腺がんは加齢とともに発症しやすく、発症頻度は70代で2~3割、80代で3~4割。重要なのは、ほかのがんに比べて悪さをしなかったり、進行が遅かったりするケースが少なくないこと。つまり、がんが見つかっても、悪性度が低ければ治療をせずに経過観察しながら過ごすという選択肢もあるのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。