真似したい伝承療法

福島県の桐炭パスタ

福島県の桐炭パスタ(C)日刊ゲンダイ

 生産量日本一を誇る福島県の会津桐。高級タンスや衣装箱の材料として重宝されている。

 ただ、切り株や枝などは商品として利用しにくい。こうした残材を捨てるのはもったいないということで、それを炭化し、桐炭として食品や化粧品の材料に利用している。

 その中でも、会津の新しい名物となりそうなのが「桐炭パスタ」だ。黒のパスタはインパクト大だが、味は素晴らしい。福島県出身の会社員、加藤智さんも大好物だという。

「もちもちとした食感で、噛むほどにうま味が広がっていきます。シンプルに赤唐辛子とニンニクで味付けをしたペペロンチーノでいただくのがおすすめですよ」(加藤さん)

 桐炭をパスタに利用したのは、味の面だけでなく、体の調子も整えてくれるからだという。

 桐炭はカリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを豊富に含んでいる。食物繊維も多い。カロリーはゼロに近いので、体重が増える心配もあまりない。

1 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。