愉快な“病人”たち

NTT Comラグビー部コーチ 栗原徹さん(37)喘息

「喘息が理由でラグビーをやめようと思ったことはない」と語る(C)日刊ゲンダイ
検査で即入院レベルも「5日間、点滴だけでしのぎました」

 いままでで体調が一番危なかったのは、実は去年でした。コーチになって初めての夏、1カ月間近く37.5度ぐらいの微熱がずっと続いていたのに、そのまま2週間の夏合宿に突入。合宿を終えて帰ってきたら40度の高熱が出て、喘息の発作もひどく、お世話になっている病院で精密検査を受けたんです。

 すると、CRP(体内に炎症があると高まる血清タンパク質の一種)の値が通常の100倍ぐらいに上がっていて“即入院レベル”でした。でも、入院はせずに5日間毎日点滴でしのぎました。その間、練習は休ませていただいて、なんとか大会直前に復帰できたんです。

■練習中に呼吸困難になり発覚

 小さい頃から風邪をひきやすく、風邪をひくと胸がヒューヒュー鳴って、ずっと「気管支炎」と言われていました。それでも小学生のときはサッカー少年で、苦しくなると休ませてもらいながら走り回っていたんです。

1 / 4 ページ