愉快な“病人”たち

歌手・米良美一さん(44)くも膜下出血

米良美一さん(C)日刊ゲンダイ
倒れる前の記憶がほとんどなく気づいたら病院でした

 くも膜下出血というと激しい頭痛に襲われるとよくいわれますけれど、僕の場合、倒れる前の記憶がほとんどないんです。

「予兆」と呼べるようなものもなくて、気づいたら病院でした。

 倒れたのは2014年12月7日夜から翌日にかけてのこと。7日に鹿児島公演を終えて都内に帰宅し、8日はオフだったのですが、昼すぎにマネジャーが来てくれる約束になっていたので、発見してもらえたのです。

 マネジャーの話によると、トイレには嘔吐物が多少残っていたものの、部屋の床に嘔吐していたものもきれいに掃除した形跡があり、汚れた服はちゃんと着替えて倒れていたというんです。でも、僕はまるで覚えていないんですよ。声を掛けられて無意識にうなずいたりはしていたようですけれど、朦朧としていたようでした。

 ステージは5段階のうちの「4」でした。あと少し発見が遅れていたら、命がなかったというレベル。くも膜下出血は、脳の血管にできた瘤が破裂して、脳を覆っている膜の中に血液が広がってしまう病気で、僕の家族や親戚も多く患っています。祖母、叔父、叔母がくも膜下出血で亡くなっていて、祖父も脳出血。母も若い頃に脳に瘤が見つかり、破裂する前に手術しているので、家系的に自分も気にはしていたのです。「40歳も越えたし、そろそろ脳の検査しなくちゃな」と思っていた時でした。

1 / 4 ページ